水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

>「水虫の基礎知識」一覧

足白癬の患者

水虫

一般論としての、白癬菌の患者数

白癬菌の患者数を把握するのは難しいです。薬の販売量から、総計1500万人という推計の数字が出ています。薬局の店頭で抗真菌剤または抗白癬剤を購入する人数を集計したとしても、患者が考えるのはあくまでも漠然とした「水虫薬」です。そのうちの多くが自己診断で薬を購入しているため、薬を購入しているから白癬菌の患者は1500万人だ、と判断するのは難しいです。

ページのトップへ ▲

皮膚科における、白癬菌の患者数の割合

一般的に、病院の皮膚科での患者頻度を見ると、皮膚科患者全体の中で真菌症患者は10%前後です。そして、北よりも南にいくにしたがって割合が増える傾向にあります。

真菌症患者のなかで白癬が占める割合は90%、さらに足白癬の割合がこのうちの70%くらいだと言われています。 実際には、真菌症かと思って受診した結果違っていたというケースもあるため、真菌症として受診する患者はもっと多いと思われます。

皮膚科の患者のなかでは、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎(かぶれ)などの湿疹皮膚炎群が最も多く30〜40%、真菌症はそれに続いて多い症状です。

水虫

ページのトップへ ▲

年齢とともに増える、足白癬患者

足白癬の患者は、もちろんはじめから足白癬または水虫として病院にいくこともありますが、実際には他の皮膚病のために病院を受診してたまたま足白癬を発見、ということがおおいです。また、実は足白癬だった、というパターンで発覚する患者は、年齢とともに増えることがわかっています。

ある中間的なサイズの都市にある皮膚科では、50歳以上の患者の約25%が足白癬を持っている、という実際の統計があります。(10年ほど前のものですので、現在はもっと増えている可能性もあります)仮に、日本の人口構成をこの都市と同じものと考えて換算した場合、日本の50歳以上の人は4000万人以上で、そのうちの1000万人が足白癬を持っているのではないかと考えられます。

ページのトップへ ▲

日本人の、足白癬患者の割合を推測する

前項で、50歳以上の足白癬患者の割合は1000万人以上にのぼるのではないか、と書きました。年齢とともに足白癬患者の割合は増えるので、40代以下では足白癬患者の割合はやや減ると思われますが、40代以下の世代の人口に占める割合は高いです。

この方法で見ていくと、少なく見積もっても全人口のうち1500万〜2000万人くらいの足白癬患者がいるのではないか、ということになりそうです。

ページのトップへ ▲

足白癬は、日本人にとってメジャーな病気

前項で、足白癬患者は日本に1500万〜2000万人くらいはいるのではないかと推計しました。こうなると、足白癬は、皮膚科に限らず日本人にとっても大きな比率を占める皮膚病であるといえます。

一度は病院で診察してもらっても、一度離れてしまうと、足白癬またはそのような症状が全て「水虫」として問題になります。「あああ・・・また足白癬か?今度は水虫か?」と慌てるため、みかけの足白癬の頻度は、さらに高いことになります。

ページのトップへ ▲

年齢とともに変化する足白癬

それまでにかゆかったりしめったりして不快だった趾間型(足の指のあいだが白くふやけたり、皮がむけてくるタイプ)や小水疱型(足の裏や指の付け根などに小さな水ぶくれをつくるタイプ)の足白癬が、年齢とともに自覚症状の少ない角化型になっていく場合があります。

角化型になると、症状がなくなる上に、見た目も乾燥するので、足の裏が硬くなる年齢的・生理的な角化傾向と区別するのは難しくなります。そこで本人は、自分の水虫は治ったと思い込んでいるケースはしばしば見受けられます。このように、足白癬患者である自覚が消えていくケースもあるために、正確な足白癬や水虫の患者数を確定させるのは難しいのです。

ページのトップへ ▲

高齢者の足白癬の傾向

高齢者の足白癬の傾向

ある中間的なサイズの都市にある皮膚科の統計を見ると、以下のことがわかります。

  1. 年齢とともに、足白癬の患者の割合は増加する傾向にある
  2. 足白癬の患者は、ほとんどがそれまでに何らかの治療を受けている(最初から足白癬と診断されないことも多い)
  3. 一度足白癬にかかって完治した人は、ほとんどいない
  4. 足白癬はなかなか完治はしないため、高齢の人ほど長期間にわたって足白癬を持っている傾向が強い
  5. 年齢とともに(他の種類の足白癬よりも)角化型や爪白癬を持つ人の割合が増加

ページのトップへ ▲

働き盛りの足白癬患者

働き盛りの足白癬患者

40代以下の年齢層では、足白癬を持つ人の割合そのものは低いのですが、人口は逆に多いため、人生の活動期・生産期の人々に足白癬の患者が多い、といえます。活動期・生産期の人にとっても、足白癬は重大な皮膚病または職業病です。

ページのトップへ ▲

初夏から急増する患者数

白癬で皮膚科にかかる人の、季節的特徴はどうでしょうか。日本医真菌学会が行った調査によると、足白癬のの外来受診者は5月から急増し、夏が終わるとともになだからに減少します。

患者の多くは、足白癬の症状で皮膚科にかかった人、つまり、この時期に症状が出たかあるいは悪化したため受診した人々です。 そして、治療によってとりあえず症状が治まると受診を止めるが、翌年また同じことを繰り返す、というパターンが示されています。

ページのトップへ ▲

水虫治療には、根気が必要

水虫は、治りにくく再発しやすい病気です。再発を防ぐためには、治療の結果ほとんど正常に見えるようになってもなお診察を継続しなければなりません。

しかし症状が消えると、ほとんどの患者はこれさいわいと治療を止めてしまいます。症状が見えないだけで治癒したわけではないため、再発するというわけです。根気よく治療を続けなければならないところを、本人にその気がなくて、皮膚科医だけが患者に治療を続けさせようとしても、あまり完治の望みは高くないのかも知れません。治療は、医師と患者の共同作業なのです。

ページのトップへ ▲

足白癬の他部位や周りの人への飛び火

足白癬の周りの人への飛び火

身体の他の部位の病気の引き金になる可能性がある場合は、水虫治療が皮膚科医にとって重要な意味を持つと思われます。中年以降の患者で頭や顔に白癬ができた時には(たむし)、足の白癬が感染源になっている可能性があります。

また、子供の足白癬患者がいる家庭には、必ずその家庭に他に足白癬患者がいます。しかし、家庭内の該当する他の患者のほとんどは、受診時に自分の足白癬のことは頭にないのです。このような状況を患者や患者の家族に話して、足白癬感染の効果的な予防方法を考えることが、皮膚科医の重要な仕事のひとつです。

ページのトップへ ▲


注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?