水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

>「足白癬の治療」一覧

抗真菌剤について

抗真菌剤とは

抗真菌剤とは

同じ微生物といっても、ウィルス、リケッチア、細菌、カビでは構造や代謝が違うので、これら全てによく効く薬というのはありません。

足白癬の原因菌である白癬菌の一種は、すべてカビの仲間です。カビに対して用いられる薬を、抗真菌剤といいます。現在に至るまで、いろいろな薬が抗真菌剤として用いられてきました。

この中には、抗真菌活性が高いものと低いもの(カビに対する作用の強いものと、弱いもの)から、抗菌スペクトラムが広いものと狭いもの(数多くの種のカビに効くものと、一部のカビだけに強い抗真菌活性を示すもの)まで、いろいろな種類の薬があります。

ページのトップへ ▲

足白癬治療の前提

足白癬を治療するには、まずその病変の正確な診断が前提になります。足白癬の症状や検査法についての知識が不可欠ですし、それと同時に足白癬以外のさまざまな皮膚病を見分ける必要もあります。つまりこのことは、単に足白癬の診断と治療にとどまらず、広く皮膚科医としての知識を問われる分野なのです。

診察と検査が済んで足白癬だという診断がくだされれば、治療が始まることになります。治療に際してやっかいなのは、足白癬が皮膚について増えたカビと局所の条件とが合わさってできる病気のため、抗カビ剤をつけてすぐに治る病気ではない、ということで。 治療には、薬と足のケアの両方が必要になってきます。

ページのトップへ ▲

医師向けの薬と、薬局向けの薬

抗真菌剤にかぎらず一般的に、市販薬には大きく分けて医師向けの製剤と、薬局の店頭で売られている製剤(OTC薬)(*1)があります。

一般に、OTC薬は医師向けのものにくらべて主成分の濃度が少し低めに設定してあり、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤なども配合されています。そのため、OTC薬のほうが効き目がおだやかで対象となる病気や症状を広めになっています。

(*1)OTC・・・Over the counterの略 薬局のカウンターで購入可能な薬のこと

ページのトップへ ▲

抗真菌剤の使い分け方

以前は、足白癬の患部の状態(ふやけた趾間型か、乾燥した小水疱型か等)によって、液剤と軟膏剤との使い分けがされていました。 液剤でアルコール溶液になっているものは病巣に対してやや刺激が強く、患部を乾燥させる傾向があります。

逆に軟膏剤は、使用後足がしばらくべとつくため、患者の好みがあると思われます。液剤とクリーム剤では、有効性の差は特にありません。現在の新しい市販薬では、かぶれやすさの差も特に見られません。これらの特徴を考慮したうえで使ってみて、使い心地を確認した後に最も使いやすいものを選ぶのがいいでしょう。

ページのトップへ ▲

基剤の種類−粉末剤、スプレー

粉末剤、スプレー

粉末剤やスプレーの抗真菌剤は、医薬品としては発売されていません。共同の施設などで利用されている靴や衣類等に、足白癬予防を目的として使用されることが多いようです。粉末剤やスプレーは、使い方が簡単で、治療にかかる時間が短時間で済みます。患者のコンプライアンス(*1)向上の点から見ても、今後注目の剤型といえます。

(*1)コンプライアンス・・・ある治療法が、患者にどれくらい受け入れられているかを表す用語。コンプライアンスがいいことは、その治療法の重要な評価点となります。

ページのトップへ ▲

基剤の種類(軟膏剤)

軟膏の種類は以下の3種類が挙げられます。

水に溶けない油性のもの
ワセリン等を主成分としていて、皮膚に塗るとべとつきやすいです。
水で洗い落とせるクリーム状のもの
足によくすりこむように塗ると目立たなくなり、べとつきません。使用感が優れているため、最近ではクリーム基剤の外用抗真菌剤がほとんどを占めています。
ゲル状のもの
ゲル剤は、クリームと液体の中間という位置づけですが、主剤の浸透力や使用感がよく、刺激も比較的少ないため、足の指のあいだやこすれる部分の患部に使用されることが多いです。

ページのトップへ ▲

基剤の種類(液剤)

抗真菌剤は水に溶けにくいので、溶液にするにはいろいろな有機溶媒が用いられます。有機溶媒のなかでも、低分子のアルコール類は乾燥性に優れているため、使用感が好まれます。

その反面、湿って柔らかくなった患部やただれに対しては刺激が強い、という難点があります。そのため、副作用はクリームや軟膏に比べて発生する割合が高くなることが多いです。

そのため、溶解剤を含まずに主剤を懸濁させただけのローション剤は有機溶媒による刺激が少ない傾向があります。期待できる基剤といえるでしょう。

ページのトップへ ▲

主剤と基剤の組み合わせによる、剤型

基剤の種類(軟膏剤)

外用抗真菌剤の剤型は、主剤の抗菌スペクトラム(*1)、基剤に対する主剤の溶解性、特性、使用目的など、いろいろな条件の組み合わせによって決定されます。

基剤として抗真菌剤に利用されているものには、液剤(ローション等)、軟膏、ゲル、粉末やスプレーがあります。それぞれ目的にあわせて使用されます。

(*1)抗菌スペクトラム・・・ある抗菌剤がどのような種類の菌に対して有効か、を表します。数多くの菌に対して有効な場合、「抗菌スペクトラムが広い」と表現します。

ページのトップへ ▲

主な外用抗真菌剤の使用方法

主な外用抗真菌剤の使用方法

外用抗真菌剤は、主剤としての働きを持つ抗真菌物質を基剤(*1)に含ませ、患部に直接塗ったり貼ったりして患部に作用させることを目的とした製剤です。

白癬をはじめ、表皮の一部である角層やつめ、毛などに寄生する真菌症(表在性真菌症)のほとんどの病型は、まず最初に治療に使うのは外用剤です。現在最も広く普及しています。

(*1)基剤・・・皮膚科で使用する外用剤は通常、油脂やアルコールなどに薬理作用を持つ主剤を配合して作られます。この場合の油脂やアルコールなどを基剤といいます。

ページのトップへ ▲

外用抗真菌剤の、利点と欠点

以下に、外用の抗真菌剤の利点と欠点を挙げます。

利点
患部に直接作用させることが可能
患部により高い薬剤濃度を得ることができ、何度も、あるいは長時間作用させることが可能
吸収による血液中への以降は少なく、全身性の副作用が少ない
欠点
薬が皮膚の深部にまでは届きにくいため、効果が皮膚表面の患部への適用に限定される
病巣が広いと、使用により時間や手間がかかる

ページのトップへ ▲

抗真菌剤の種類

抗真菌剤の種類

抗真菌剤には、たくさんの種類があります。処方する際には、どんな種類のカビに、またはどんな病気にどれだけ効くかが問題になります。治療に際しては、その病気の要因になるカビに効く薬でないと意味がありません。

また抗真菌剤は、局所投与のもの(外用剤)と全身投与のもの(内服剤、注射剤)に大別されます。対象となる患者の状況によって使い分けられるように工夫されています。皮膚科医は、抗真菌剤それぞれの特徴も考慮に入れながら、これら剤型を使い分けているのです。

ページのトップへ ▲


注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?