水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

飲み薬と塗り薬の違い

皮膚科でお医者さまから処方される薬には塗り薬(軟膏)と飲み薬がありますが、どちらも目的は共通しています。

水虫の原因である白癬菌というカビを殺菌して体から取り除くために水虫の治療薬は用いられるもので、水虫の根本的な治療につながります。

ただ、水虫の症状によって塗り薬(軟膏)を使うか飲み薬を使うかに違いが生じることとなります。場合によっては、両方を使うよう指示されることもあるでしょう。

水虫治療に飲み薬が使われることがあるのは、水虫が塗り薬の届かない皮膚の奥深くに入り込んでしまっていることがあるためです。

爪水虫なども、塗り薬を塗ったところで効果が薄いため飲み薬を飲むことが治療につながります。水虫の塗り薬と飲み薬の違いは、異なる症状に対応するためと考えてください。

塗り薬の場合、水虫を直接治療するだけでなく抗ヒスタミン剤などが含まれており痒みを抑える成分が含まれていることもあります。

市販のスプレータイプの塗り薬も、冷却効果によって痒みを抑える効果があるものが多数販売されています。

飲み薬では、直接「かゆみ止め」というものが別途処方されることもあるかもしれません。

寝ている時に無意識のうちに患部を掻き壊してしまったりする場合には、飲み薬でかゆみ止めを処方してもらえるか検討したほうがいいでしょう。

水虫の飲み薬は肝臓などに負担がかかるため、人によっては毎日続けるのがたいへんになることもあります。すでに生活習慣病などで他の薬を服用している方は、お医者さんに副作用などを相談してください。

体への負担・経済的な負担を避けるため「パルス療法」(間欠療法)と呼ばれる薬を飲む時期を飲まない時期を管理して行われる治療法もあります。

塗り薬・飲み薬どちらで治療を行うにしても患部を清潔に保つこと、完治するまで治療をやめないことの2つは守るようにしてください。

特に後者については、痒みが止まったからといって完治したと判断せず皮膚が完全に他の部分同様きれいになるまで治療を続けるようにしましょう。

ページのトップへ ▲


 

注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?