水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

まずは皮膚科で診断

水虫は症状の出方が誰でも同じというわけではなく、他の皮膚病と非常に紛らわしい病気です。

そのため、水虫は皮膚科にかかり、医師の診断を仰ぐことが重要になります。医師の診断を受けないまま、市販の薬や民間療法を試すことはおすすめできません。


特に足に現れる痒みは、足=水虫という固定観念が強いため水虫だと思い込んでしまうことも多いです。しかし足に汗胞や通常の湿疹ができることもあり、水虫と同じように痒み出すこともあります。

皮膚科の診断を受けると、皮膚に出てきた症状が水虫かどうかは一発で判断がつきます。皮膚科では皮膚の角質層の一部を採取し、その角質を顕微鏡で調査することで水虫かどうかを見極めます。

顕微鏡で角質を覗いた結果、そこに水虫を引き起こす白癬菌が居ついていることが確認されれば、水虫であることが確定となります。

爪水虫についても、爪に起こる乾癬など別の病気である可能性が全くないというわけではありません。

爪に違和感がある時も、爪の症状としてメジャーな病気がほとんどないため爪水虫を疑いがちですが皮膚科でしっかり診察を受けるようにしてください。

水虫の原因は白癬菌というカビであるため、皮膚科で水虫と診察を受けた時は抗菌作用のある塗り薬を使っていくことになります。

痒みなどの症状が現れている部分だけでなく、角質層に白癬菌が潜んでいる部分すべてに塗り薬を使い、原因を根本から取り除いていく必要があります。

爪水虫の場合、塗り薬ではなく飲み薬を服用していくことになります。こちらの場合、爪が白癬菌のついたものから正常なものに置き換わるまで根気よく、長く薬を飲み続ける必要があります。

糖尿病の方の場合、血行障害により水虫の症状が皮膚の表面だけでなく体中に進行していく可能性があります。その場合、「たかが水虫」では済まされず、足の組織が壊疽を起こしてしまうこともありえます。

水虫と疑われる症状が出てきた場合、糖尿病を患っている方は特に早期の対処が必要です。

ページのトップへ ▲


 

注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?