水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

妊娠中の水虫治療の注意点

水虫の治療といえば、皮膚に直接つける塗り薬をまず思い浮かべると思います。しかし、やっかいで治療に時間がかかりそうな水虫には医師から飲み薬が処方されることもあります。

例えば、かかとの角質が分厚くなる角質増殖型水虫・爪水虫に対して「テルビナフィン」「イトラコナゾール」といった薬が処方されます。

しかし妊娠中の女性が水虫治療の内服薬を使って治療を行う場合は、胎児、そして生まれたばかりの赤ちゃんへ影響が出てくるため飲むことができません。

授乳期間中も、赤ちゃんに母乳を与える方は飲み薬を使うことができません。

塗り薬については、皮膚のみに影響を及ぼすため妊娠中の女性でも赤ちゃんに影響を与えることはないでしょう。

ただ、赤ちゃんがお母さんについた塗り薬を触った手を口にもっていったりしないように注意しなければいけません。

また、妊娠中はそうでない時に比べてお肌が非常にデリケートになってしまうこともあります。今まで使っていた塗り薬に対して体が過剰な反応を示しアレルギー症状が出たりすることも考えられます。

妊娠中に水虫にかかってしまった方、水虫治療中に妊娠した方は、お医者さんに薬の相談をしてみるといいでしょう。市販の水虫薬を使っている方も、妊娠がわかったら使用を考え直した方がいいでしょう。

もちろんこれは水虫薬に関わらず、どんな薬を服用中の方にもいえることです。市販薬・処方薬問わず服用している薬が胎児にとって安全かどうか、確認するのは大切なことです。

ちなみに生まれたばかりの赤ちゃんも、水虫の原因となるカビ、白癬菌に接すると水虫にかかってしまう可能性はあります。

赤ちゃんはお肌が弱く水虫を放置するとたいへんですが、皮膚の新陳代謝も早いためちゃんと薬をつければ早期治療も可能です。

お母さんから赤ちゃんに水虫が移ってしまうこともあるので、部屋をしっかり清潔にしておくようにし、白癬菌のついた手や足で赤ちゃんや寝具を触らないようにして下さい。

ページのトップへ ▲


 

注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?