水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

水虫対策用のサプリメントとは?

水虫は白癬菌というカビによって引き起こされるものであるため、しっかり栄養や睡眠をとるだけで予防できるものではありません。

しかし、肌を白癬菌などの雑菌から守るために皮膚の抵抗力を高めることは可能です。

皮膚やお部屋を清潔にしておくことが水虫予防では一番大切ですが、サプリメントなども補助的に活用するとさらに肌の抵抗力が高まります。

例えば、抗菌作用をもっているプロポリスのサプリメントは水虫予防につながります。カビの他、ウィルスにも強い成分なのであらゆる病気予防の助けとなるでしょう。

人間に本来備わっている抵抗力を高める栄養素としては、やはりビタミンが挙げられるでしょう。特にビタミンAやビタミンCは、肌の抵抗力を正常にキープし続ける上で大きな働きを果たします。

ビタミンAは体の代謝を上げる効果もあるので、すでに水虫に感染している方の治療を早めるという意味でも水虫対策に効果がある栄養素です。ビタミンAはうなぎや卵黄など、良質なタンパク質を含む食品に多く含まれています。

ビタミンCは、皆さんご存知の通り美容成分のうち最も基本的な栄養素となります。

緑黄色野菜に多く含まれている物質であり、これが不足すると肌荒れなどの原因にもなりますし、風邪をひきやすくなるといった影響も出てきます。

もちろんビタミンAやビタミンCは日常的な食事から摂取していくのが理想的ですが、忙しい方はなかなかバランスのとれた食事をとることが難しいものです。

普段から野菜が不足している、カップ麺やコンビニ弁当などに頼りがちだという方は不足している栄養素をサプリメントなどで上手に補うことも効果的です。

100パーセント水虫にかからない方法というのは存在しませんが、水虫になりにくい・水虫に強い体質を作り上げていくことは可能です。

汗をかきやすい、足の指の間が狭いといった理由で水虫になりやすい方は、体や部屋を清潔にした上でしっかり栄養を取ることが水虫予防につながります。

ページのトップへ ▲


 

注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?