水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

紫外線で水虫治療

水虫の主な治療方法は外用抗真菌剤と呼ばれる塗り薬と内服抗真菌剤と呼ばれる飲み薬、またはそれら2つの併用ということになりますが、最近は紫外線で水虫治療を行う方法も確立されています。

紫外線を当てて水虫を殺菌するという治療方法で、器具の使い方も非常に簡単であるという長所があります。


紫外線を使った水虫治療で代表的なのが「フットビューティー」や「UVフットケア―」というものです。足を入れるだけで水虫の治療ができるもので、使用時間も1分ほどと非常に短く済みます。

足以外の部分にできる水虫には、紫外線を直接照射できる「UVエミッター」というものもあります。こちらは水虫治療だけでなく、ワキガの治療にも用いられる器具で数分間直接患部に紫外線を当てることができます。

ただし、紫外線はご存知の通り日焼けなど皮膚に大きな影響を与えるものです。ご使用にあたっては各器具に設けられている使用上の注意をよく読み、使い過ぎることのないようにしてください。

また、紫外線治療が決して万能ではないことにも注意が必要です。

紫外線があたった部分の白癬菌は確かに殺菌可能ですが、皮膚の奥の方に住みついている白癬菌は紫外線をあてただけでは殺菌できません。逆に皮膚の奥まで殺菌するとなると、その紫外線量は皮膚にまで影響を及ぼすような強い線量が必要となるため危険になります。

紫外線治療で一時的に痒みなどが収まったとしても、それだけで水虫がよくなったというわけではありません。

水虫は潜伏期間があり、活動している白癬菌を退治しただけではまたすぐに症状がぶり返してしまうこともあります。2か月3か月といった長いスパンで、治療は考えていく必要があります。

水虫を完治させるためには、やはり皮膚科で水虫を根本的に治療していくことが一番になります。

それと同時に、できるだけ部屋や患部を清潔に保ち、患部が蒸れたりジュクジュクしたりすることのないようにケアしていく必要があります。

ページのトップへ ▲


 

注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?