水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

消毒用アルコールは効果的?

水虫の予防に、消毒用アルコールがいいということも時折聞かれます。しかし実際には、すでにできてしまった水虫を治療するまでの効果は期待できません。

水虫の原因は白癬菌というカビの一種であり、このカビを殺菌しなければ水虫は絶対に完治しないわけです。

消毒用アルコールに白癬菌の殺菌効果まではありませんので、患部にアルコールを塗布したからといってよくなることはないでしょう。

かえって、ジュクジュクして皮膚が完全にただれているような患部にアルコールをつけると強い刺激となってしまいます。アルコールが沁みるように感じるのであれば、絶対に使わない方がいいということです。

アルコールに限らず、水虫に民間療法を試す際には細心の注意を払った方がいいでしょう。

特にアルコールのように皮膚にとって刺激となるものは、使用して肌に合わない場合、症状が治らない場合はすぐにやめるようにしてください。

ただ、消毒用アルコールで水虫をある程度予防することは可能です。足を清潔にしていれば、水虫にかかることはそうそうないためです。

足の蒸れや匂いがきになるという方は、水虫にかかりやすい状態といえますので消毒用アルコールを上手に使えば水虫予防につながります。

消毒用アルコールはドラッグストアなどで安価に手に入れることもできますので、水虫対策グッズとしてはそれほど費用もかからないでしょう。

すでにできてしまった水虫については、皮膚科でちゃんと治療薬を処方してもらい使用していくことをおすすめします。

皮膚の表面だけでなく爪水虫や角質の奥深くまで水虫の白癬菌が侵入している場合には、飲み薬を使わなければいけないこともあります。

水虫をそのままにしておくと、家族や自分の他の部位にその水虫がどんどん移ってしまうということがよくあります。

水虫といえばほとんどの方が足と思われるかもしれませんが、足にできた水虫が手や体、顔などに移ることも決して珍しいことではありません。

ページのトップへ ▲


 

注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?