水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

水虫とは

足などにできる水虫は、「水虫」という名前ですがその正体はカビ、白癬菌になります。

この白癬菌が角質層に感染し、かゆみや皮膚のただれといった症状をもたらします。水虫かどうか判断するためには、角質に白癬菌が潜んでいるかどうかですぐに判別可能です。

水虫の多くは足にできますが、そのでき方は1種類ではありません。

大きく分けて「趾間型水虫」「小水疱型水虫」「爪水虫」「角質増殖型水虫」の4種類に分類され、その症状も大きく変わってくることになります。

趾間型水虫が、おそらく最も広く知られていて感染する可能性が高い水虫ではないかと思います。これは足の指の間にできる水虫で、皮膚が白くふやけたりし、強い痒みを伴うタイプです。

小水疱型水虫は、土踏まずなど皮膚が厚い場所に小さな水疱となって現れるものです。こちらも痒みが出やすい水虫で、この状態が続くと皮膚が部分的に硬化することもあります。

爪水虫は、名前の通り爪に水虫のもとである白癬菌が感染するもので、爪が変色したりぼろぼろ欠けていったりします。爪自体には触覚や痛覚がありませんから、爪水虫は痒みをともなうことはありません。しかし、症状が進むと歩くごとに痛みを感じるようになる方もいらっしゃいます。

最後に角質増殖型水虫は、足の裏の角質が厚く、硬くなり皮膚が剥けていくタイプの水虫です。剥けた皮膚から、同居する家族に水虫が移ることも多いです。痒みや痛みがあまり伴わないタイプの水虫であるため、気づかないうちに慢性化し冬などに悪化することも多いです。

一口に水虫とは言っても、これだけ非常に多くのタイプがあり、できる場所や症状の強さもバラバラです。足だけにとどまらず、角質ができる部分なら体中どこにも白癬菌ができる可能性があります。

水虫は決して珍しい病気ではなく、自覚症状がない方を含めると非常に患者数が多い病気です。「水虫かな?」と思った時は、まず皮膚科を訪ねて水虫かどうかの確認をしっかり行ってください。

ページのトップへ ▲


 

注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?