水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

>「足白癬の治療」一覧

外用抗真菌剤について

外用抗真菌剤

外用抗真菌剤の歴史

日本で使われている外用抗真菌剤一覧

イミダゾール以前の薬剤
トルナフテート、ハロブロジン、フェニルヨード・ウンデシノエート、バリオチン、ピロールニトリン、シッカニン(白癬、癜風)
ナイスタチン、トリコマイシン、ピマリシン(カンジダ症)
イミダゾール発売後
イミダゾール[クロトリマゾール、ミコナゾール、エコナゾール、イソコナゾール、チオコナゾール、オキシコナゾール、クロコナゾール、スルコナゾール、ケトコナゾール]、シクロピロクス・オラミン(カンジダ症、白癬、癜風)
エキサラミド、トルシクレート
新しい薬剤
ビフォナゾール、ケトコナゾール、ネチコナゾール、ラノコナゾール、テルビナフィン、アモロルフィン(カンジダ症、白癬、癜風)
ブテナフィン(皮膚糸状菌)
外用抗真菌剤

ページのトップへ ▲

それまでの、カビによる病気

抗真菌剤あるいは抗白癬菌剤は、第二次大戦前後(1940年代)までは、抗真菌剤とその他の細菌などの微生物に対する薬と特に分かれていませんでした。当時、真菌による病気として知られていたもののほとんどは皮膚に寄生するものでした。皮下や内臓に病気を起こすカビについては一般的ではなく、また患者もごくわずかでした。

内臓の真菌症が一般に知られるようになったのは1960年代からで、さらに医学上大きな問題になったのはごく最近のことです。臓器移植やエイズなどで極端に抵抗力の落ちた患者が増えたのがきっかけでした。

第二次大戦前には、カビによる病気は白癬菌によるものが圧倒的でした。しらくも(頭部白癬)、水虫(足白癬)、たむし・ぜにたむし・いんきんたむし(体部白癬、陰股部白癬)が代表的なものでした。

ページのトップへ ▲

1940年代の真菌剤

第二次大戦前に、カビによる皮膚病に広く使用されていたのはヨードチンキです。ヨードチンキは、細菌に対する働きや特に高くはなかったのですが、種々の微生物による病気に手軽に使えたのです。

また、この時期にはサリチル酸も使われていました。同じく細菌に対する働きや特に高くはなかったのですが、低刺激で、白癬菌がいる皮膚の角層を溶かす作用がありました。今日でも足白癬の大衆薬に配合されることがあります。

1940年代後半には、水銀を含む抗真菌剤が登場しました。当時、外用剤としては広範囲の種類のカビに効いて抗真菌活性も相当なものがありましたが、今日ではその毒性のため、全く使用されていません。

ページのトップへ ▲

1950年代付近の真菌剤

1950年以降に登場してきた薬剤の多くは、白癬もしくは同じ表在性真菌症のカンジダ症等、ごく限られた病気のみ有効なものでした。

トルナフテート、ハロプロジン、シッカニン等は白癬に対して有効で、ナイスタチン、トリコマイシン、ピマリシン等はカンジダ症に対してのみ使われます。これらの薬剤の効き目は、最近の薬に比べても目だつほどには悪くありませません。これらは、薬剤の価格が安いため、時々現在でも使用されています。この時期に、内服薬のグリセオフルビンが出現しました。

ページのトップへ ▲

イミダゾール系抗真菌剤の出現

1970年代半ばに、クロトリマゾール、ミコナゾールなどの「イミダゾール系」と呼ばれる外用抗真菌剤が出現しました。

イミダゾール系の薬は、これまでの薬より白癬菌にたいする抗菌価が優れているうえに、抗菌スペクトラムも白癬菌からカンジダ、癜風(でんぷう)菌までと広く、副作用が少ないものでした。あっという間に外用抗真菌剤の主流になって以降、多数のイミダゾール系の真菌剤が出てくるきっかけになりました。

またこの時期にはエキサラミドやトルシクレート等白癬菌にのみ効く薬も使用されていましたが、イミダゾール系の薬剤が圧倒的なシェアを誇っていました。

これらは、1日に2回患部にすり込むように塗ることになっています。使用感は、ややべとつく以外はほぼ満足できるものでした。 最近発売された新しい外用抗真菌剤に比べると安くて使いやすいため、現在でも広く使用されています。

ページのトップへ ▲

1日1回塗ればいい薬の登場

1986年に、ビフォナゾールが発売されました。

この薬は皮膚内での貯留性が高いことが最大の特徴で、1日1回の使用で従来の薬と同様の効き目があることが証明されています。これは、患者が薬を使用する手間を省く上でめざましい進歩です。これ以降の外用抗真菌剤の多くは、1日1回のみの使用を目指すようになっています。

近年発売されている外用抗真菌剤は、共通して高い抗菌活性と皮膚貯留性を持っていますが、抗菌スペクトラムに関しては、以前と同様に大きく2つの流れが見られます。

ページのトップへ ▲

イミゾダール系

白癬菌、カンジダ、癜風菌等に広いスペクトラムを示すもの・・・イミゾダール系薬剤、テルビナフィン、アモロルフィン、ラノコナゾール等

これらの薬の抗菌価は、白癬菌やカンジダに対してこれまでのものと比べて非常に高い値を示しています。副作用の発症率はいずれも2%以下です。その内容も、刺激感や接触皮膚炎等で重いものはなく、またほとんどの副作用は使用を中止することで容易に回復します。

ページのトップへ ▲

ブテナフィン

白癬菌にのみ特異的に高い抗菌活性を示すグループ・・・ブテナフィン

白癬菌に対してはかなりの効き目がありますが、カンジダにはほとんど効き目がありません。また、副作用の出方も低いものになっています。先のグループとともに最近発売された外用抗真菌剤は、いずれも皮膚への貯留性に優れていて1日1回の使用で十分な効果が期待できます。

ページのトップへ ▲

外用抗真菌剤の真価

これまでに挙げた新しい外用抗真菌剤が順次発売されて、足白癬全体の治療成績はよくなってきています。外用剤のみでは効果がない、というのが通説であった角化型の足白癬や爪白癬にも、ある程度の効果があることが確認されつつあります。

現時点ではまだこれらの新しい外用抗真菌剤では、治療に内服用の抗真菌剤の併用も必要な表在性真菌症がいくつかあります。例えば、全身の皮膚に広く症状が出た場合や、角化型足白癬、爪白癬全般が当てはまります。こうした外用抗真菌剤の治療成績がどこまで伸びるかは、今後の結果を見る必要があるでしょう。

ページのトップへ ▲


注目の記事
水虫菌が家族に広がる前に
水虫の治療法
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?