水虫のすべて 原因と症状 治療と対策

>「足白癬の治療」一覧

水虫のケアと予防

水虫の予防と再発防止

水虫菌が家族に広がる前に

『水虫環境解消キットカイカイ・ナイト』

東京医科大学のテストでは、たった1回の使用で足のかゆみ、ひび割れ、
ニオイの悩みが100%解消したという「カイカイナイト」。

水虫環境解消キットカイカイ・ナイト2【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
         詳細はコチラ


ニオイはもちろん、カユミ、ムズムズ、カサカサ等の足の悩みは1回だけの使用で解決します。
古い角質が取れ始めて、使用後2週間位で美しい素足に生まれ変わります。
ソックスを使った独自の方法で、特製の液を角質まで浸透させます。
液の中身は、話題の木酸液にヨモギエキス、ドクダミエキス、ムクゲエキスなどを加えた
100%天然植物成分。どなたにも安心してご使用いただけます。


『水虫環境解消キットカイカイ・ナイト』は、樹木に含まれる成分などの
天然エキスを配合したリキッド状のフットケア商品です。
樹木抽出液は、木炭を作るときに抽出される木酢液を精製したものを使用しています。
足裏の古い角質がボロボロ取れていき、ムズムズ、カサカサ感やイヤなにおいが気にならなくなります。 足のムレやにおいが気になる方や、美しい素足になりたい方に試して頂きたい商品です。

アレ?足が痒いな!水虫かも!ここから全ては始まりました!

水虫菌が家族に広がる前に


現在、男性も女性もほぼ半数の人が水虫に悩まされています。
男性:42%
女性:58%
もっとも多くご購入された年齢層は次の通りです。
30代・20代・50代・60代・40代・10代
中でも30代の方が多く購入しております。



水虫の方は、薬を塗って治そうと病院の処方した薬や市販薬をつけはじめますが、
薬は毎日、長期に渡りつけなければならずほとんど途中で挫折してしまいます。


しかし、この 「水虫環境解消キットカイカイ・ナイト」はたった1回、
足を約2時間浸けるだけで長年悩まされていた 足の悩みが解決します。
(通常の水虫でカイカイ・ナイトに足をつけてから解決するまで約2週間放置して下さい。
爪まで侵されている人は同じ事を2〜3回繰り返す必要があります。)
水虫の改善は水虫の活動が鈍くなった秋からが好機です。早くすれば早くするほど
いい結果が得られます。
みなさんもこの「水虫環境解消キットカイカイ・ナイト」で足の悩みを解決しませんか?
※本品は、医薬品ではありません。天然成分100%なので安心です。


水虫環境解消キットカイカイ・ナイトのお申込はコチラ

ページのトップへ ▲

一般的な水虫ケア

足白癬ではないみずむしを持っている人の場合、足(特に、指のあいだ)をなるべく乾かすために以下のようなことに注意してください。

  1. 足先の開いたサンダル等、風通しのよい素材とデザインの靴を選ぶ
  2. 風通しのよい素材の靴下をを選ぶ
  3. なるべく長い時間を、履物なしで過ごす
  4. 意識して、足の指のあいだを広げるようにする
  5. 足全体を、涼しいところに置く
  6. 足を清潔に保つ、足を洗ったあとはよく乾かす

ページのトップへ ▲

消毒剤について

防臭剤や制汗剤、消毒剤は不要です。逆に、ただれた部分にいろいろとくすりをつけた場合は、かぶれやすいのです。よりやっかいなアレルギー性のかぶれを起こしやすくなる可能性もあります。使用の際は、はじめは少量で試して異常が起きないことを確認してください。

ページのトップへ ▲

足白癬になりやすい条件とは

足白癬になりやすい条件を、以下に記載します。

  1. 菌がたくさんいるような環境にいる
  2. 菌が足の皮膚につきやすい
  3. 足の皮膚についた菌がすぐに落ちない
  4. 足の皮膚に、カビの発育に適している環境ができやすい
  5. 増え始めた菌が、そのまま増え続けていられる状態

ページのトップへ ▲

足白癬を予防するために

足白癬を予防するための条件を、以下に記載します。

  1. 環境のなかで感染源となる白癬菌を、出来るだけ減らす
  2. 白癬菌が他の人の皮膚に付いて広がらないように気をつける
  3. 皮膚に付いた白癬菌を、なるべく早く落とす
  4. 皮膚の上に残った白癬菌が、増殖しないような環境にする

ページのトップへ ▲

白癬菌を減らすには

白癬菌を減らすには、家庭や共同生活の場で、気をつけなければならないことがあります。足白癬など白癬菌を保有している人がいると、菌が患部からこぼれ落ちてしばらくは生きのびてしまいます。まず白癬菌保有者それぞれが治療をきちんと行い、生きた白癬菌を生活の場にばら撒かないようにすることが大切です。

白癬菌を減らすためには、まず掃除をよくすることが重要です。床やカーペット、体育館などの床、プールの縁やシャワー室等、白癬菌が落ちる可能性のある場所はいろいろと考えられます。一度、白癬菌保有者の皮膚からこぼれた白癬菌について、そのこぼれた菌が他の新しい人につくチャンスを減らすように、掃除をきちんとしてゴミをためないようにしてください。

ページのトップへ ▲

菌のつきやすい足の条件とは

菌のつきやすい足の条件だと考えられるのは、以下の点です。

  1. 皮膚に小さなひび割れ等ある場合は、なめらかな皮膚の人よりも菌がつきやすい
  2. 足の指のあいだが狭くて、いつも指がくっついている
  3. 爪のまわりに凹凸がある

また、皮膚表面に特定の分子構造を持つ人は白癬菌がつきやすい、という考えもあります。皮膚の表面構造は遺伝すると考えられるため、同じ家族のなかに複数の足白癬の保有者がいる原因のひとつかも知れません。

ページのトップへ ▲

足を、よく洗う、よく乾かす

たまたま皮膚についた白癬菌は、すぐに洗えば簡単に落ちます。しかし、菌がついたことに気づかずに靴などをはくと、なかなか落ちなくなってしまいます。どのくらいの間隔で、どのくらいの時間、あるいはどのくらいの強さで足を洗えばいいか、というデータや目安は特にありません。

白癬菌が落ちていそうな場所(プール、体育館、シャワー室等)を歩いた後には、出来るだけ早く、丹念に足を洗ってください。その際は、指のあいだまで丁寧に。洗った後は、水で十分に流すことを忘れないでください。足を洗う際には、指のあいだを見て、皮がはげていたり白くふやけたりしていないか確かめましょう。

洗い終わったあとは、水気をふき取って、しばらくは裸足で十分に乾かします。足の指のあいだが狭くてくっついている人は、指を広げるのもポイントです。扇風機、温風器などを使って風を足に当てるのもいいでしょう。

皮膚に付いた白癬菌が、一度足がかりを得て新しい菌糸をのばして角層の中に入り込むと、洗い落とすのが難しくなります。そうなってしまうのを防ぐため、できるだけ足をよく洗ってよく乾かすことが有効です。

ページのトップへ ▲

はきものに関する注意事項

はきものに関する注意事項

白癬菌予防でせっかく足をきれいに洗い乾かしたとしても、それまでに履いていた靴下やストッキング、または素足ではいていたサンダルなどをそのままはいてしまっては、意味がありません。再び白癬菌が、皮膚についてしまいます。白癬菌の保有者が使った後の靴下には、白癬菌が生き残っています。

白癬の感染予防のためなら、ごく普通に洗濯して乾燥させる程度で十分に白癬菌が落ちます。洗濯の際に、特別な消毒は必要ありません。それよりもむしろ、洗濯済みのものを毎日はき替えることのほうが大事です。

また、仕事をしている間には、靴を脱げない人もたくさんいます。そういった場合は、休憩時間などにできるかぎり、こまめに靴やストッキングを脱いで足の指のあいだを乾かすようにしてください。足のケアにスプレーやパウダーを使うこともあると思います。将来的には、より広く使用される可能性のある、有用な薬剤です。

ページのトップへ ▲

見えない足白癬

足白癬は、白癬菌がそこで定着・増殖して目に見える病変をつくるまでには、かなりの時間を要すると考えられています。また、お年寄りで比較的足が乾燥していて、わずかに皮膚がむけているような人たちに代表されるように、白癬菌がいてある程度増殖しているにも関わらず、目に見える症状が現れていないケースもあります。

一部の白癬菌は、ヒトに付いて行き抜くために進化した結果、常在菌的な性格を持っています。足に白癬菌がいるというだけでは問題ではなくて、要は「病気でなければよい」という割り切りも考えの1つです。

ページのトップへ ▲

足白癬とのつきあいかた

足に白癬菌がいるっていっても何も変わらないわけだから、「このままでいいか」という割り切りをした場合の足白癬の治療と予防は、以下のどちらかであるといえます。

  1. もし十分な治療ができて、完治できるものならば、そのような治療をする
  2. 諸事情でなかなか完治まで持ち込めない場合は、生活に支障をきたさない程度に症状をコントロールするとともに、周囲に菌をまき散らさないように心がける

現在の足白癬治療は、この2つの中間のどっちつかずの治療を繰り返しているケースが最も多く、それが再発を招く原因でもあります。

ページのトップへ ▲


注目の記事
水虫の治療法
水虫菌が家族に広がる前に
水虫について
白癬と白癬菌
診断・検査法
水虫の基礎知識
水虫について
白癬菌と皮膚の仕組み
白癬と白癬菌
白癬菌の誕生
足白癬の患者
白癬菌の感染の仕組み
白癬菌の感染源
感染の特徴
足白癬、爪白癬症状と検査
足白癬、爪白癬の症状
診断・検査法
その他の感染、検査法
皮膚科医にかかるときの注意
足白癬の治療
抗真菌剤について
外用抗真菌剤について
内服抗真菌剤について
治療上での注意点
足白癬根治のためのポイント
水虫が治りにくい理由
水虫のケアと予防
その他のメニュー
運営者情報
お問い合わせ

水虫とは
水虫の原因
水虫になりやすい生活スタイル
水虫の症状
水虫の初期病状
まずは皮膚科で診断
水虫の治療方法
紫外線で水虫治療
水虫になりやすい体質はある?
頭部の水虫の原因
頭部の水虫の病状
頭部の水虫の対策
顔の水虫の原因
顔の水虫の病状
顔の水虫の対策
手の水虫の原因
手の水虫の病状
手の水虫の対策
かかとの水虫の原因
かかとの水虫の病状
かかとの水虫の対策
爪の水虫の原因
爪の水虫の病状
爪の水虫の対策
指の水虫の原因
指の水虫の病状
指の水虫の対策
足の水虫の原因
足の水虫の病状
足の水虫の対策
新型水虫の原因
新型の水虫の治療
新型の水虫の対策
水虫は痛い?
水虫はかゆい?
水虫の特効薬はある?
水虫は完治する?
水虫は靴下を履くとよい?
水虫には緑茶が効果的?
水虫には酢が効果的?
水虫には臭いがある?
水虫対策には乾燥がよい?
消毒用アルコールは効果的?
内服薬と塗り薬の違い
市販の水虫薬の効果は?
かかとの角質のひび割れと水虫の関係
角質を軽石ケアする時の注意点
赤ちゃんが水虫になったら
子供の水虫予防と対策
木酢液の効果とは?
女性の水虫が増加中?
水虫かどうかチェックする方法
足・肌のカサカサは水虫の症状?
水虫による水泡(水ぶくれ)の症状とは
水虫治療器とは?
水虫を他人に感染させないために
家族でも別々に使用した方がよいもの
感染を防ぐため、使用禁止のもの
公衆の場で感染の可能性が高いところとは?
靴・ブーツのケア方法
身体の中で特に清潔にしておく部位とは
ティーツリーオイルで水虫対策
水虫対策石けんとは
白癬菌とは?
妊娠中の水虫治療の注意点
水虫の治療期間はどれくらい?
真菌とは?
水虫の予防方法
水虫予防に効く栄養素
水虫対策用のサプリメントとは?
水虫の治療費はどれくらい?
水虫が重症化するとどうなる? 趾間型水虫とは 靴下を履くべき?脱いで乾燥させるべき?

[閉じる]
「冬のブーツに要注意!早期発見ミズムシ」

水虫は自己判断が難しい病気の1つです。

自分では水虫と思っていても、実は違う皮膚病であったり、 また、自覚症状がなく水虫に気づかない場合もあります。

水虫の診断方法は、顕微鏡検査で水虫の原因である菌がみつかるかどうかが、 判断のポイントとなります。

「もしかしたら!?」なんて思っている方、 少しでも不安をお持ちの方は、こちらをご覧下さい。


本レポートは無料でダウンロードできます。
お名前(姓のみ)
メールアドレス
[メッセージを閉じる]
>